甲状腺のがんは頭頸部外科で耳鼻咽喉科の専門で悪性腫瘍を扱うことが主になっています。
甲状腺とは頸部の前面にある内分泌腺でホルモンを出すところで喉頭の下に存在します、ちょうど喉仏の下のあたりに喋喋が止まったような形であります。
左業と右業があって峡部によって連続していて錐体業が認められる人が3分の1程度存在します、そして喉仏の下の所に喋喋が止まったみたいな格好をしています。
咽頭壁や喉頭、気管、頸部食道に接します、気管にへばり付いたような形になっています、この裏側に食事の通り道があります、それが咽頭であったり、頸部食道の場所であったりします。
ここに接しているのがどう問題なのか、ここにがんが出来た場合に気管とか食道とか咽頭にその癌が染み込んで行く危険性をはらんでいます、主な機能は甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌して主に代謝率の調整に関係しています。
サイロキシンT4と呼ばれるホルモンとトリヨードサイロニンT3というホルモンを分泌しています、後もう一つカルシトニンというホルモンを出していて血中のカルシウムの調節を行っています。
甲状腺がんの治療で行う手術の場合は甲状腺が温存できるかどうかでカルシウム剤を飲む必要があるか問題になります。
癌の診断をする専門の先生が診断する過程はいろいろなものがあります、一つは症状や病歴が重要になります、非常に若い患者さん、あるいは高齢者の患者さんがおられた場合にしこりがあった場合はがんを疑うという事になります。
あと一般には女性が多いのですが男性が来られた場合はがんを疑う、あるいは嚥下障害や声のかすれ、放射線治療あるいは放射線の被曝があった場合、触診上、硬く表面がごつごつしていたり、しこりが周りと癒着して動きが悪い状態の時や頸部のリンパ腺が腫れている場合などは甲状腺がんを疑うことになります。
この癌にはいくつかの組織に分かれます、その組織の内用によって治療の仕方が変わります、まず乳頭癌に対しては手術が主になり、次に濾胞癌の治療は乳頭癌に比べて腺内転移やリンパ節転移の頻度は低く、これも原則的には手術になります。

オススメリンク

甲状腺に違和感を感じた時は|金地病院

療法

甲状腺がんになってしまった場合、首への触診だけでわかる場合がありますが、それだけでは腫瘍が良性か悪性かがわからないため、超音波検査を行うのです。
超音波検査の結果によって腫瘍が大きければ、X線CT検査やMRI検査、骨シンチグラフィー検査なども行います。
これらの検査によって転移…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031